SIMフリー?SIMロック?スマホ代を抑えるために必要な知識をわかりやすく説明◎

SIMフリーやSIMロックの意味がわからない女性

最近良く聞く「SIMフリー」や「SIMロック」。携帯代を安くするには必要なキーワードなんだろうけど、どういうことかあまり理解していない。。

そんな方のために今回はSIMフリースマホについてまとめてみました。


キャリアのスマホはSIMロックされている

まず、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアでスマホを契約する場合、そのスマホはそれぞれのキャリアでしか使えない「SIMロック」された状態になっています。

ただ、2015年5月にSIMロック解除が義務化されたため、それ以降に発売されたスマホの多くは、手続きをすることでSIMロックを解除でき、キャリアや格安SIMを自由にMNPすることができるようになります◎
※契約するキャリア・格安SIMで対応している機種かは調べる必要があります


SIMロックを解除するには

SIMロックを解除するには、各社の条件を満たしている必要があります。

ドコモのSIMロックの解除条件

・端末を購入してから6ヶ月が経過していること
・端末の契約者本人であること
・利用料金の支払い実績が確認できること
・解約後の場合は3ヶ月以内であること
・各種ロック(ネットワーク利用制限、おまかせロック等)がかかっていないこと


auのSIMロックの解除条件

・2015年5月以降に発売された端末であること
※SIMロック解除機能付きのみ
・端末購入日から181日以上経過していること
・ネットワーク利用制限中ではないこと


ソフトバンクのSIMロックの解除条件

・2015年5月以降に発売された端末であること
※SIMロック解除機能付きのみ
・各種ロック(安心遠隔ロック等)がかかっていないこと


SIMロック解除手数料

2015年5月以降の端末
※契約中の場合
2015年5月以降の端末
※解約済の場合
2015年4月以前の端末
パソコン・スマホ
から手続き
無料 -(未対応) -(未対応)
電話・
各ショップ

から手続き
3,000円 3,000円 3,000円

※2015年4月以前に発売された端末のSIMロック解除はauのみ未対応




☆check☆
ドコモのスマホはSIMロック解除しなくても問題ない?

格安SIMはドコモ回線とau回線のものがありますが、そのほとんどはドコモ回線を使ったものになります。そのためドコモのスマホを使ってドコモ回線の格安SIMに契約する場合、SIMロック解除せずにそのまま移行できます。
※au回線の格安SIMに移行する場合はSIMロック解除が必要になります逆に選択肢はドコモよりも少ないですが、auのスマホを使ってau回線の格安SIMに契約する場合はSIMロック解除せずにそのまま移行できます。
※ドコモ回線の格安SIMに移行する場合はSIMロック解除が必要になります


SIMフリースマホとは

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアでSIMロックされてなく、基本的にはどのキャリア・格安SIMでも契約できる自由度の高いスマホです。

キャリアの制限がないので、好きなタイミングで気になる機種に機種変ができます。


SIMフリースマホのデメリット

・故障したときに面倒
キャリアの場合とりあえずショップに持っていけばなんとかなりましたが、SIMフリースマホの場合は原因に合わせて自分で対処する必要があります。

①端末の故障の場合
⇒製造メーカーに問い合わせる

②SIMカードの故障の場合
⇒キャリアや格安SIMの会社に問い合わせる

・初期費用が高くなる
端末だけ購入する場合、キャリアのように分割払いができないので初期費用が高くなりやすいです。

初期費用の高さが気になる方は、端末とセットで契約できる格安SIMがオススメ。キャリアほどには端末の選択肢がないとはいえ、その場合は分割払いもできるので安心です。

また格安SIMとのセットの場合、端末保証のオプションもあるので、故障時の心配をしたくない方にもオススメです◎


◆まとめ

今は1万円前後でも、ちょっとメールやネットができればいい、という方には十分すぎる機能を持った機種がたくさんあります。

しょっちゅうスマホを落として画面がバリバリの方、修理費に1~2万もかけるぐらいならそのたびにSIMフリースマホを購入してみてはいかがでしょうか!




      2017/01/12

 - 格安SIM基本情報