スマホの画面割れ・水没経験があるアナタに!格安SIMの補償オプションまとめ

画面割れ・水没等のトラブル時の格安SIMの補償オプション

毎日持ち歩くスマホは、いくらケースに入れていても、落下や水没などによる破損を完全に防ぐことはできません。

そうならないための対策はもちろん大事ですが、いざそうなってしまったときの対処法を知ることも同じぐらい重要になってきます。

そこで今回は、
・スマホが故障したときの対処法
・SIMカードを読み込まなくなったときの対処法
の二パターンをご説明します。


スマホ本体が故障したときは

格安SIMにはオプションで端末補償のサービスがあるところもあります。契約時に申し込む必要がありますが、どこも月額300~500円程度で加入でき、万が一「故障」や「破損・全損」、「水没」があったときは無償修理、もしくは低価格で交換(※)をしてくれます。

SIMカードと端末をセット購入した場合

SIMカードの申込時にしかオプションに加入できませんが、補償オプションを提供している格安SIMも結構あります。絶対に壊さない自信がない限り加入した方が安心すよ。


月額 交換時負担金 年間交換
上限回数
楽天モバイル 500円 4,000~7,000円
(端末による)
2回
IIJmio 380円 1回目:5,000円
2回目:8,000円
2回
BIGLOBE SIM 380円 5,000円~
(回数ごとに高くなる)
なし
mineo 370円 1回目:5,000円
2回目:8,000円
2回
DMM mobile 350円 3,000円 1回
U-mobile 500円 全損:最大5万円支給
一部破損:一律1万円支給
2回

SIMカードのみ購入した場合(端末を別途用意)

こちらはSIMカードのみを購入して、本体を別に用意した場合の補償サービスです。もちろん対応機種のみにはなりますので、オプションを申し込む前に自分のスマホが対応しているかを確認してくださいね。

月額 交換時負担金 年間交換
上限回数
楽天モバイル 500円 1回目:5,000円
2回目:8,000円
2回
IIJmio 500円 1回目:4,000円
2回目:8,000円
2回
BIGLOBE SIM 500円 1回目:4,000円
2回目:8,000円
2回
mineo 500円 1回目:5,000円
2回目:8,000円
2回

メーカー保証 (非推奨)

上記のようなオプションに加入しなくても、端末にはメーカー保証があり、初期不良の場合はたいてい1年間は無料で修理をしてくれます。とはいえ手続きに1~2週間かかり、その間は代替機もないのでかなり不便な空白期間ができてしまいます。

また、こちらのミスでの破損の場合は実費を請求されるので高額な修理代金を覚悟しなくてはいけません。過去に一度もスマホを落としたり水没させたことがない人でなければ、格安SIMの補償オプションに加入しておくことをオススメします。


SIMカードを読み込まなくなったときの対処法

スマホの故障よりは起こりにくくはありますが、SIMカードを読み込まなくなる(エラーになる)こともあります。
その場合、
・SIMカードの破損・不良
・スマホのSIMスロットの破損・不良
の2パターンが考えられます。

見ただけではどちらが原因かはわからないので、家族や友人にのスマホでSIMカードを挿入してみて、
・読み込む場合⇒スマホ本体の修理
・読み込まない(エラーになる)場合⇒SIMカードの交換
と原因を明らかにしてから対処しましょう。

スマホのSIMカード読込部分が故障した場合

これはスマホ本体の故障になるので、格安SIMの端末補償オプションに加入している場合はそちらに修理を申し込み、端末補償オプションに加入していない場合はメーカーに修理依頼を出しましょう。


SIMカードが故障した場合

SIMカードに不具合が発生することはそうありませんが、もしそうなった場合はSIMカード交換対応になります。交換費用は2,000~3,000円+返却送料が必要になります。
初期不良でない限りこの費用は避けられないのでゴネたりせずに諦めて下さい。。

まとめ

スマホを水没や画面割れなどで修理の見積もりを出して、その金額の高さに驚いた方は多いと思います。それを考えると、端末補償の有無は格安SIM選びにおける大きなポイントの一つですよね。

スマホをよく壊してしまう方は是非一度端末補償のオプションがついた格安SIMを検討してみて下さいね◎

      2016/12/26

 - 格安SIMの注意点